カテゴリ:旅行( 20 )   

日南キャンプ~里帰りそのⅢ   

f0035210_23415537.jpg
ちょうどカープが日南で秋季キャンプをしているのを、息子のメールで知りました。
ここ何年かの母の口癖「生きてるうちじゃがね~」
そうです、このチャンスを逃すわけにはいきません。
飛行機が宮崎を出発するのが、3時過ぎ。
朝、8時前の鈍行列車に乗って、3時間。
日南、油津に2時間滞在できる計算なので、GO!
f0035210_23423758.jpg
初めてキャンプを見たけど、おもしろい!
選手が間近で見られるし、球場が静かなので、選手の声がはっきり聞こえる。
やっぱり石井はいいわ~016.gif ムードメーカーで、カープに来てくれたことに感謝!
私は赤松、天谷が好きだけど、石井と並んで三役そろい踏みです!
もっと長い時間見たかったけど、それは次回のお楽しみにとっておきます。
f0035210_234303.jpg
そして主人の学生時代の友達がこちらにいるので、急遽連絡をとってお昼を一緒に食べることにしました。さすが、地元の人!
「伊勢エビのみそ汁セット」に案内してくれました。これで一人、1500円なり。
宮崎に行く前から、伊勢エビ漁が始まっていると、聞いていたのでこれが食べたかったのです!
白みそ仕立てのお味噌汁に半分に切った伊勢海老が入っていて、身はぷりぷりとして美味!
新鮮なのがわかります。
フライは「ぱちぱちエビ」分厚い身で二匹もついていました。
「うちわエビ」の事を日南では「ぱちぱちえび」と呼ぶそうです。
うちわエビは他にも、ぞうりえび、きんちゃくえび、はたきえび、ばたばたえび、ぱっちんえびとか地方によって呼ぶ名前が違うそうです。
他に日南でしか採れないテングサの一種の海藻「トゲキリンサイ」で作ったこんにゃくのようなぷりぷりとした触感の「むかでのり」も付いていました。(画像上、左端)
その「トゲキリンサイ」が形と色がムカデに似ていることからそう呼ばれているそうです。
f0035210_2343195.jpg
「トゲキリンサイ」って広島弁で「棘、切りんさい」って言ってるみたい。
それから飛行場へ。宮崎最後の締めは飛行場のごくうま「マンゴーソフトクリーム」で満足!
[PR]

by sorahana55 | 2009-11-04 19:51 | 旅行

馬ヶ背~里帰りそのⅡ   

f0035210_2226562.jpg

宮崎県にある「日豊海岸国定公園」の中に、20キロメートルにわたる美しいリアス式海岸の美しいところがあります。
中でも圧巻なのが、日向市の「馬ヶ背」という断崖絶壁で、奥行き200メートル、幅10メートル、の海水路の両岸に高さ70メートルに垂直にそそり立つ柱状節理です。(↑の写真)
上から下をのぞくと、波がはじけ足がすくむほどの景観です・・
「馬ヶ背」をずっと歩いていくと、眼前に太平洋が広がります。
(↓の写真・先端で手を振っているのは私です001.gif
地球が丸いのがわかる水平線。
学生の頃、何かに悩んだ時、水平線を見て、「人間ってちっぽけよね」って思った事が思い出されます。
その時、何を悩んでいたかも、もう忘れていますが。きっとたわいない事だったのでしょう。
荒い波の中の岩場で磯釣りをしている人もいるし、波にもまれている遊覧船はかなり揺れている模様。
次に来た時は、是非、遊覧船・飛島丸に乗ってみたいと思います。
海の風に吹かれて、波の音を聞いて、やっぱり太平洋は最高058.gif
この日は、墓参り、鮎やな、日向、馬が背と、充実したフルコースの一日でした。
f0035210_22142036.jpg

[PR]

by sorahana55 | 2009-11-03 02:34 | 旅行

奥田元宋・小由女美術館   

f0035210_0241080.jpg
研修からの帰り、前から行きたかった「奥田元宋・小由女美術館」へ寄りました。
奥田元宋の絵画は今までにも見た事がありましたが、奥田小由女の作品は多分、初めてだと思います。
「風」「凍」などのように白一色の造形に魅せられてしまいました。
どこからそのような発想が浮かぶのか。。すごいのひとこと。。

この美術館は月が池に映って見える趣向になっていて「日本で一番月が美しく見える美術館」なのだそうです。
奥田小由女の作品「月の別れ」の解説によると
「奥田元宋が亡くなった日の夜は満月で、冴え渡る月光はことのほか美しく、奥田の体も魂もすべて月に導かれ、あの月に迎えられていったのだという思いが強く実感された、と小由女夫人は振り返っています。長年連れ添った夫との別れに深い悲しみを感じながらも、元宋を月に重ね合わせた思いを何とか形に残そうと決心して生まれたのがこの作品です。」と。
http://genso-sayume.jp/sakuhin/s_02.html
[PR]

by sorahana55 | 2007-10-14 00:24 | 旅行

三瓶小豆原埋没林公園   

f0035210_23183138.jpg
10月4日、婦人会の研修があって、島根県に行きました。
研修の後、3500年前の縄文時代の林がその当時のまま保存されている「三瓶小豆原埋没林公園」へ行きました。
ここへ来るまで、その存在すら知りませんでしたが、
発見のいきさつは興味深く、たった一枚の写真とそれを見た高校の先生から始まったというのだから驚きです。
その先生は定年で退職された後、私費を投じて埋没林の発見に尽力されたそうです。
その情熱と行動力と、三瓶山の噴火で起きた土石流のおかげで縄文時代の巨大な杉がそのまま残っているのですから、本当に驚きです。
巨大な杉を見ていると、まるで3500年前にタイムスリップしたような錯覚をおこします。


f0035210_0254328.jpg
詳しくは↓のHPで!是非一読あれ!
http://nature-sanbe.jp/azukihara/
右画像は現在の三瓶山の「マツムシソウ」
[PR]

by sorahana55 | 2007-10-14 00:14 | 旅行

東京プチ観光   

f0035210_21274070.jpg
5月22日から2泊3日で講習と試験があって東京へ行って来ました。
時間の都合で東京観光もろくにできなかったけれど、最後の日、息子と待ち合わせて、今、話題の「東京ミッドタウン」へ行きました。
たまたま見た本の中にレストラン「ボタニカ」が掲載されていて、行ってみたいな~と思っていたのと、建築を志す息子と意見が一致したから。
何でも「行ってみたい」と思う気持ちは大事だな~と思います。
そうするとそれがかなった時の喜びが大きくなるから。
ハーブに囲まれたガーデンテラスでデザートも頂いて、おいしかった~!
画像は「ミッドタウン」のおしゃれな喫煙室


f0035210_21282363.jpg
東京はとにかく歩くところ。
地下鉄の階段も半端じゃない。。
結局、息子の部屋にも寄らずに帰路につきました。
ぐったり疲れていたけれど、帰りの飛行機から富士山が見えたら、富士山好きの私は急に元気になりました。
いつか富士山にも登ってみたいな~
[PR]

by sorahana55 | 2007-07-10 22:18 | 旅行

一年ぶりの江戸風呂   

f0035210_23592457.jpg
去年行った、「鞆の雛まつり」に今回は娘を連れて親子2組で行きました。
去年、帰るときから「また来たい」と言っていたのに一年ぶりです。
何事も行動を起こせば可能なのに、ついつい一年が経過してしまいました。

今回の一番の目的は、「江戸風呂」
海を見て日常から離れ、娘達も笑い声が絶えず満喫していました。
今回は日帰りだったので、お雛さまをじっくり見ることはできませんでしたが、
帰りに一時間ほど町を散策して少しはおひな祭り気分も味わえました。
何度でも訪れたい場所です。
[PR]

by sorahana55 | 2007-02-27 23:58 | 旅行

うさぎのマグカップ(赤部焼き)   

f0035210_23414095.jpg
京都一日目の夜、思い足(体)を引きずりながらホテルを出て食事をしに行きました。
タクシーに乗って、千円渡したつもりが、伍千円だったらしく、運転手さんが「お客さ~ん!」と呼ぶ声。
千円札でおつりをもらったら、それが千円札、五枚!
慌てて走ってタクシーを追いかけ、千円札を一枚渡しました。


f0035210_232464.jpg
今日もドジな私でしたが、五枚に気が付いた私はちょっと偉かったかな。
それから正直なタクシーの運転手さんにすがすがしい気分になりました。
食事をしてほろ酔い気分で歩きながらホテルに帰る途中でうさぎの可愛いお店を見つけました。
酔ってちょっと太っ腹になっているので、マグカップを買いました。
これ、形が良くて大きく、たっぷり入るのでかなりお気に入りで、毎朝、使っています。
また寄ってみたいお店でした。
カップの中には「釣月耕雲」と書いてあります。
http://www.usagiya-kyoto.com/shouhin/index.html#lnav01
[PR]

by sorahana55 | 2006-10-30 23:28 | 旅行

白神山地   

f0035210_22114590.jpg
北東北最後の日は、「ゆとりあ藤里」に白神周遊宿泊パックを申し込みました。
私達が行ったのは田苗代湿原と岳岱ブナ原生林を散策するコース。
白神山地は世界遺産の名の通り、今まで見たことのない光景が広がっていました。
山の案内人の斉藤さんが、説明してくださるブナの話はとても興味深いものでした。
長い寿命を得るため岩を抱くブナ。
ブナの苔は北側にしか生えないという話。
雨が降るとブナの木の下には、葉っぱで雨は落ちてこず、幹を伝って滝のように落ちてくるという話。

ブナの幹の下の方へ聴診器をあてると、「ドッドッドッ」と脈を打つような音が聞こえてくる。。
自然淘汰しながら生命力に溢れるブナの木。
ここで一日、風にそよぐブナの葉ずれの音を聞きながら過ごしたら、どんなにいいだろうかと思いました。
道路建設の為に、伐採されかかったブナを守る為に尽力した人々がいたからこそ、今こうして貴重な自然が残っているのだと思いました。

画像は400年ブナ。幹にキノコが生えてきているので、寿命を終えてそのうち倒れてしまうだろうという話だった。
http://www.shirakami-fujisato.com/hotel/index.html
[PR]

by sorahana55 | 2006-09-14 22:22 | 旅行

中尊寺ハス   

f0035210_2273253.jpg
2006年9月4日から4泊5日で始めての東北へ行きました。
中尊寺~乳頭温泉~角館~玉川温泉~奥入瀬~十和田湖~白神山地
天気に恵まれどこも素晴らしく、どこでも人が親切にして下さり、さらに珍しい美味しいものばかり頂きとてもいい旅が出来ました。



特に思い出深いのは中尊寺ハス。
極楽往生の願いが結集した素晴らしい黄金文化。
ただ一番感動したのは、その素晴らしさよりも、藤原泰衡の首級が納められた首桶に入っていた蓮の種のお話。
家臣に裏切られ討たれた泰衡の極楽往生を願って誰かが入れたのであろうと想像できる。。
あいにく到着したのが夕方だったので、開いた蓮の花は見られなかったが、博物館の中に、800年の時を経て、開花した花が標本にされてあった。
時の流れと、当時も今も変わらない人の気持ちに心を打たれました。
http://www.chusonji.or.jp/annai/konjikidoh/index.html
[PR]

by sorahana55 | 2006-09-12 23:06 | 旅行

初めてのオフ会    

f0035210_21564532.jpg
娘の受験にかこつけて、初めてのオフ会が出来ました。
関西地区では、以前にもあったのだけどなかなか参加するのが難しくて、いつかいつかと思っていた、オフ会です。
もうかれこれ4~5年のお付き合いになるのでしょうか。
本名も知っているのに、頭に浮かぶのはハンドルネーム。
いきなり会っても全然初対面という感じではなく、たくさん笑って過ごしました。
言葉でしゃべると言うのは、文字だけで伝わらないものもたくさん伝わって来て、とっても楽しいオフ会でした。素敵な魅力的なお二人でしたよ~♪

ランチは、JR京都伊勢丹店の「柿安 三尺三寸箸」で。
プレートを三回くらい(?)お代わりして、しっかりデザートも食べて、全部制覇したつもりだったのに、kちゃんの画像を見て、おいなりさんを食べるのを忘れていたのに気が付きました。残念!またリベンジします!!
[PR]

by sorahana55 | 2006-08-03 22:09 | 旅行